一次産業事業

Primary Industries Business Section

一次産業事業

一次産業事業

エネルギー資源にとどまらず、
水産養殖など
食資源の
安定供給にも取り組んでいます。

“現状に満足せず 日々変化を先取りしよう”弊社グループ各社の共通する経営ビジョンの一つである、
変化を先取りの実践が一次産業(水産養殖事業)への進出です。

世界中に広がる日本食文化の中にしめる大きな要素である魚類資源は今や
天然物の枯渇阻止が叫ばれており、「捕る漁業から育てる漁業へ」と大きくシフトしております。

年間を通じて安定した魚資源の供給のためにも、必要不可欠な養殖の事業化にチャレンジし、
国内はもとより海外への食卓をも潤して行けるよう事業化を始めました。

水産養殖課 宿毛湾事業所

豊かな里海で養殖技術を継承

養殖マダイの生産量が全国4位の高知県。

そのうちの5割を生産する宿毛湾で、これまで培われてきた養殖技術の継承とそのさらなる進展を目指し始まったのが、大月町でのマダイ養殖事業です。

漁業者の高齢化や廃業、また人口流出といった地域課題に対して、地元企業がビジネスとして参入することで地域の未来を守っていけるのではないか。

その思いが地域のニーズとマッチして、安心安全な食資源だけでなく移住や雇用も生み出しています。

宿毛湾の養殖場の風景
宿毛湾の養殖場の風景
マダイ