お知らせ

News

お知らせ

高知県では3回目の開催!6月30日に「マイナビ出版杯 第18回小学生・第16回中学生女子将棋名人戦 四国ヒワサキ大会」が行われました

お知らせ NEW

高知県では3回目の開催となる「マイナビ出版杯 小学生中学生女子将棋名人戦・四国ヒワサキ大会」が6月30日(日)に土佐中学校・高等学校で行われました。
主催は(公社)日本女子プロ将棋協会で、弊社も昨年に引き続き、四国ヒワサキ大会に協賛させていただきました。

この大会は四国在住の小・中学生の女子を対象とした将棋の競技会で、小学生名人戦クラス、中学生名人戦クラスの優勝者は8月18日に東京都で行われる全国大会に代表選手として招待されます。

中学生代表クラス(写真提供:(公社)日本女子プロ将棋協会)

小学生名人戦クラス(写真提供:(公社)日本女子プロ将棋協会)

親睦クラス(写真提供:(公社)日本女子プロ将棋協会)

また、同日に入門教室も開催され、今年は34人もの子供たちが参加。
参加した子供たちは、ハート将棋やどうぶつしょうぎなど色々な将棋を楽しみました。

真剣な表情の参加者たち(写真提供:(公社)日本女子プロ将棋協会)

たくさんの参加者でにぎわう会場(写真提供:(公社)日本女子プロ将棋協会)

入門教室の様子①(写真提供:(公社)日本女子プロ将棋協会)

入門教室の様子②(写真提供:(公社)日本女子プロ将棋協会)

入門教室の様子③(写真提供:(公社)日本女子プロ将棋協会)

入門教室の様子④(写真提供:(公社)日本女子プロ将棋協会)

大会を運営する(公社)日本女子プロ将棋協会の島井業務執行理事は「大変盛り上がり、楽しかった!という笑顔をたくさん見ることができ充実した大会となりました。今回の入門教室をきっかけに将棋の楽しさを感じてもらい、来年以降の大会参加に繋がることを願っています。今後も高知の女子将棋の裾野拡大に努めたいと思います。」と話していました。

詳しくは(公社)日本女子プロ将棋協会公式HPをご覧ください。